審査がやさしい消費者金融一覧

確実に審査に通る借入先をお探しの方

絶対借りれる消費者金融というのは存在しませんが、借りれる可能性が高いキャッシング会社は存在します。特に借入件数が多い多重債務者などは、こういった借りれる可能性が高いローン会社を選択することで、審査に通る確率があがってきます。

0借入件数で探す借入先はコチラ
消費者金融

キャッシング審査

急なお金の入り用にためにも、消費者金融会社のカードを予め保有していると何かと便利です。カードで借入をしない限り金利は発生しませんし、一定期間利息のつかない無利息ローンを上手に活用すれば、金利を支払う必要もありません。

金融のカードを作るには、先ずは審査に通らなければなりません。 通常、正社員であることが大原則ですが、一定収入のあるアルバイトやパートでも審査には通ります。他社からの借入がなければ問題なく発行してもらえるでしょう。

ただ、注意したいのは過去5年以内に債務整理をした方や、現在の借入件数が4件以上の多重債務者などは、大手の消費者金融では審査には通りません。大手で審査に通るのは、借入件数3件以内までです。借金総額も年収の三分の一以内であることが原則です。これに該当しない方は、ワンランク落として中小消費者金融を選びましょう。

中小のキャッシングローン会社なら大手ほど審査には厳しくないので、審査に通る確率は高くなります。

0

審査に通らない理由

消費者金融の借入審査に通らない理由には何点かの項目がありますが、代表的な理由として、申込者の債務状況があります。借入総額が年収の三分の一以上あったり、借入件数が多かったりすれば、審査に落ちる可能性が高くなります。

多重債務者への融資は金融業者側もかなり慎重になるのが通常で、大手や中小のローン会社でも審査に通るのは至難の業となります。特に審査が厳しい大手のカードローンなどは、借入件数が3件以上の債務者は、審査に通ることは絶望的と考えたほうがいいでしょう。

サラ金

サラ金(サラリーマン金融)は現在の消費者金融の前身の名称です。もともとは昭和30年代に団地金融として産声をあげたのが始まりです。当時の金融業者は、企業向けの融資が主で個人向けローンには然程力を入れていませんでした。

その後、日本経済が高度経済成長期に入り、所得も倍増していったことから、自動車や洗濯機、テレビ、エアコンなどが大量生産され、同時に消費者はそういった物品を購入するため、将来所得を先取りして団地金融へ走ったのです。

団地金融は主に団地の主婦を対象にした個人ローンだったのですが、その後、対象をサラリーマンに変えて名称もサラリーマン金融となっていったのです。サラリーマン金融は瞬く間に全国規模に展開され、同時に筍の如くサラ金の数も増えていきました。

サラ金が一般化する以前の庶民金融の中心は質屋が担っていました。サラ金が個人の信用を担保にした融資なのに対し、質屋は融資をするにあたって必ず担保を納める必要がありました。

もしも支払いが不能となっても、担保に入れた物品が流れるだけなので、サラ金のように取り立てを受けることもありませんでした。

ただ、借入出来る金額も、その担保の評価額以下でしたので、期待とは裏腹に少ない金額しか借りれないことも多かったようです。

しかし、こういった古くから続く質屋の文化も、個人の信用で借りれるサラ金の誕生によって、衰退していくこととなりました。

最終更新日 2017.11/7